能取のサンゴ草

Pocket

能取のサンゴ草を撮影してきました。

サンゴ草は正しくはアッケシソウといわれ、アカザ科に属する一年性草本で、世界的にはヨーロッパ、アジア、北アメリカなどの寒帯地域に広範囲に分布しています。

能取湖のサンゴ草は、環境改善を目的にした杜撰な土砂の搬入の悪影響を受け、縮小していましたが、その後の土壌改良等で回復してきました。

能取の朝日とサンゴ草赤い絨毯の映像となっています。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。