無人航空機の飛行の認可・承認を取得

Pocket

スカイハイでは、国土交通大臣日の申請で、下記飛行の許可を得ました。

  • 人口集中地区の上空の飛行
  • 人(第三者)又は物件(第三者の建物、自動車など)との間に30m以上の距離が開けられない飛行
  • 目視外飛行

通常、飛行の都度申請を行うと10日前後(土日、祝日を含まず)かかります。

今回取得したのは、北海道内全域での1年間の包括申請となっていますので、都度申請をする必要がなく、急ぎの撮影にも対応可能となります。

img002

ドローン(無人航空機)を飛行する場合、法律に定められたルールで飛行させる必要があり、禁止事項には下記のようなものがあます。(違反すると50万以下の罰金が課せられます。)

  • 空港等の周辺の上空
  • 人口集中地区の上空
  • 150m以上の上空
  • 夜間飛行
  • 目視外飛行
  • 人(第三者)又は物件(第三者の建物、自動車など)との間に30m以上の距離が開けられない飛行
  • イベント上空飛行
  • 危険物輸送
  • 物件投下(農薬散布など)

個人だからOKといったものではないので、正しく申請を行い承認を得て飛行させることが大切です。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。