ナビつき! つくってわかる はじめてゲームプログラミングをやってみた

6月11日 Nintendoより「ナビつき! つくってわかる はじめてゲームプログラミング」が販売されました。
これは、Nintendo Switchのゲームなのですが、プログラミングをしてゲームを作ろう!という内容のゲームソフトとなります。

プログラミングと聞いたら、やってみるしかありません。
早速購入し、動画にしてみました。

やってみると、従来のプログラミングとは違いました。
通常使用されるプログラムは、順次実行という上から順番に命令を実行する動作となります。
しかし、このゲームにおけるプログラミングは、順次実行といったプログラムではなく、すでに準備された機能単位のブロックを繋ぎ合わせてゲームを作っていくといったものになります。

そのため、将来、技術職に就いて即役に立つといったものではありません。
しかし、 小学生向けの教材と考えると 「創造力(こういうゲームを作りたい)」、「調べる(どうやったら作れるか調べる)」、「実際に作って見る(チャレンジ)」、「思ったように動かないので直す(問題解決を自分なりに見つける)」といった、根本的な力、プログラムだけではない、将来必要となる、これらの力を育むことができる立派な教材ではないかと思います。

是非、遊んでみてもらいたいと思います。